News

官民協働海外留学支援制度
~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~
平成28年度後期(第5期)日本代表プログラム
佐賀県地域人材コースの募集が開始されました
!!
(※基本4コースの学内募集はすでに終了しています。ご注意ください。)

 応募される方は、世界とともに発展するSAGANグローバル人材育成事業のHP をよくご覧の上、申請書類を作成して、平成28年5月18日(水)17:00までに国際課に提出して下さい。

★申請様式をはじめ、詳細は、http://tobitate.ryugaku.saga-u.ac.jp をご参照ください。

★応募を考えている学生の方は、まず国際課までご一報ください。

  

●トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムとは

 「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度です。2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の派遣留学生として送り出す計画です。派遣留学生は支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し“産業界を中心に社会で求められる人材”、“世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材”へと育成されます。帰国後は海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献することが期待されています。

●学内説明会

佐賀大学留学フェアで説明を行います。※終了しました。

日時:平成28年4月20日(水)15:00-18:00
場所:本庄キャンパス大学会館2階多目的ホール

●学内締切

平成28年5月18日(水)17:00 ※延長しました。
平成28年5月9日(月)17:00


●提出書類

①平成28 年度後期(第5期)官民協働海外留学支援制度留学計画書(様式1)…電子媒体
②自由記述申請書及び留学先機関の受入れ許可証等、留学計画の実現性を証明できる文書等の写し …電子媒体
※②については、申請時に既に用意できている場合のみ添付してください。
③指導教員の推薦書(※留学計画が学習活動と認められるものであることを確認するためのものです。学内手続のため使用します。) 推薦書様式
④JASSO第二種奨学金に掲げる家計基準を満たすことが確認できるもの
(例)収入に関する書類(JASSO第二種奨学金に掲げる家計基準を満たすことを確認するためのものです。学内手続のため使用します。)
学部生は家庭の所得状況が分かる書類、大学院生は本人の所得状況がわかる書類等。
(源泉徴収票か確定申告書のコピー、または所得証明書)

※データはUSBで持参するかメールで国際課へ提出してください。

●その他

・本制度に採用され海外留学する場合、留学期間をカバーする海外旅行傷害保険への加入を課します。



 

このページのトップへ