佐大生の方へ 海外留学について

留学した先輩の声

● 交換留学

     小さい頃から国際交流や留学に興味があったのですが、1年生の時にオーストラリアに短期の語学留学したのがきっかけで、英語をツールとして大学で学びたいという気持ちが高まりました。英語の教員を目指していたので、留学前から大学やカナダの英語教育について調べ、第二外国語教育を学ぶことを留学の目標にしました。ESL(付属語学学校)で実践的な教授法を学ぶと同時に、言語学の授業で音声学や意味論を論理的に学びました。さらにESLの授業は、現役の教師でESLの資格をとるために通っている人も多く、ディスカッションや模擬授業はとてもレベルの高い実践的なものばかりでした。
  授業以外では寮でできた友達と一緒に勉強したり、冬休みにはホームステイをさせてもらったりして実際のカナダの生活を体験しました。さらにクリスマスやニューイヤーなど、カナダの主な祝日を友達の家族と過ごし、日本とカナダの祝日のあり方の違いや文化の違いを身を持って体験することができました。
   これからは、留学を通して学んだ教授法や異文化理解の楽しさ、素晴らしさを将来の生徒たちに伝えられるように、さらにいろいろなことを経験すると同時に英語の知識や指導法を磨いていきたいと思います。  
中村美紀
(文教・24年度卒)
カナダ
マニトバ大学
2011.9~2012.3  
 

このページのトップへ