佐大生の方へ 海外留学について

留学した先輩の声

● 交換留学

   私が留学しようと思った理由は、主専攻が日本語学なので、よく似た言語である日本語と韓国語の違いについて知りたい。韓国の日本語教育はどういったものだろうといった理由からでした。
 私は現在、日語日文学科に所属し日本語史と日本語読解と日本映像文化と韓国語の授業に参加しました。これらの授業はもちろん韓国語でするので、専門用語が分からないこともあるので事前に予習や復習が必要でした。先生がとても熱心に、面白く授業をしてくださるので私は毎日授業に行くのがとても楽しみでした。
 全南大学の交換留学生はアメリカ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、トルコ、中国等、世界各地から来ています。多くの国の交換留学生と友達になったのですが、私は英語が分からない、話せないので、友達と話す際にコミュニケーションをあまり取ることができませんでした。 英語が話せたらもう少し友達と楽しく会話ができるのにと後悔しています。そのため、韓国語だけではなく英語も勉強して話せるようになっておいてから留学に行ったほうがいいかと思います。
 全南大学はソウルよりも日本人がいないので、(交換留学生と学部生、大学院生入れても10人いるかいないか)語学を勉強するにはとてもいい環境です。
 韓国に留学に行って本当によかったと思います。最初は、一人暮らしが長かったので寮のルームメイトと仲良くできるか、共同生活をうまく送れるか、学校で友達がたくさんできるかなど、心配だったのですが、月日が経つにつれこの心配もなくなり、今は毎日が楽しいです。ここで様々な人と出会うことでいろいろな価値観を知ることができ、いかに自分の考えが浅はかかと思うことが多々あります。留学行くか行かないか迷っているなら絶対に行った方 がいいと思います。最初、韓国語や英語でコミュニケーションできなくても自分から何か伝えようと必死になれば何とかなります。私は未だに英語ができないので英語を使う友達と話すのは大変でした…しかし何とかなりました。
 1年間はあっという間で、日本に帰 りたくないと思う程でした。国際課の皆さんはもちろん、先生方や現地の国際課スタッフ等、いろいろな方達に支えられた留学生活もあと少しなので残りの時間を有効に使い、悔いなく過ごせたと思います。
塩谷杏奈
(文教・26年度卒)
韓国 
全南大学 
2012.3~2013.12
 

このページのトップへ