学内教職員の方へ

各種研究助成等募集

文部科学省

事業名 募集プログラム名
(クリックすると文部科学省のサイトが開きます)
学内締切 問い合わせ先
グローバル人材育成推進事業 平成24年度グローバル人材育成推進事業 平成24年5月21日(月) 学術研究協力部国際課係長国際企画主担当宮原(内線 8203※鍋島地区からは6+
大学の世界展開力強化事業 平成24年度大学の世界展開力強化事業 平成24年5月21日(月)
アジア・太平洋地域等における開発途上国の教育、科学又は文化の普及・発展のための交流・協力事業 平成23年度 政府開発援助ユネスコ活動補助金 平成23年2月18日(金)
留学生交流の推進 平成22年度大学推薦による国費外国人留学生(日本語・日本文化研修留学生)の募集 (前回の例)2月25日 学術研究協力部国際課木村(内線 8389)※鍋島地区からは6+
ヒューマン・フロンティア・サイエンス・プログラム(HFSP) 研究グラント (前回の例)22年3月22日事前登録(パスワード取得)締切3月31日趣意書提出締切 学術研究協力部国際課係長国際企画主担当宮原(内線 8203)※鍋島地区からは6+
長期及び学際的フェローシップ 21年8月27日登録締切、9月10日提出締め切り
短期フェローシップ 随時募集中

(独)日本学術振興会(JSPS)

事業名 プログラム名(クリックすると外部サイトが開きます) 学内締切 電子申請 申請書ダウンロード 問い合わせ先
学術の国際交流推進 外国人特別研究員(一般公募) 平成25年度
第1回平成24年8月24日(金)
第2回 平成25年4月26日(金)
申請書 学術研究協力部国際課係長国際企画主担当宮原(内線8203)※鍋島地区からは6+ 
外国人特別研究員(欧米・短期) 平成25年度
第1回 平成24年9月28日(金)
第2回 平成24年11月8日(木)
第3回 平成25年1月18日(金)
第4回 平成25年3月22日(金)
第5回 平成25年4月26日(金)
第6回 平成25年7月19日(金)

申請書
外国人招へい研究者(短期) 平成25年度
第1回 平成24年8月24日(金)
第2回 平成25年4月26日(金)
申請書
外国人招へい研究者(長期) 平成25年度 
平成24年 8月24日(金)
申請書
外国人招へい研究者(短期S) 平成25年度
第1回 平成24年8月24日(金)
第2回 平成25年4月26日(金)
申請書
国際研究集会の募集 平成24年4月13日(金) 申請書
二国間交流事業 国際化学研究協力事業(ICCプログラム)  平成24年10月2日(火)
*本申請のためには、米国側の研究代表者がNSFに予備申請をし、審査に通過する必要があります。
 国際共同研究教育パートナーシッププログラム(PIREプログラム)  平成24年4月24日(火)
*本申請のためには、米国側の研究代表者がNSFに予備申請をし、審査に通過する必要があります。
 準備中
論文博士号取得希望者に対する支援事業 平成24年8月21日(火) 申請書
日仏交流促進事業(SAKURAプログラム) 平成22年 8月30日(月)
申請書
共同研究・セミナー 平成25年度分(9月締切分) 平成24年 8月 29日(水) 申請書
共同研究・セミナー 平成24年度分(2月締切分) 平成24年 2月8日(水) 申請書
特定国派遣研究者 平成25年度分(9月締切分) 平成24年 8月 29日(水) 申請書
平成24年度 日米がん研究協力事業ワークショップ 平成24年5月23日(水) - 申請書
平成24年度 日独共同大学院プログラム 平成23年10月28日(金) 申請書
日本-欧州先端科学セミナー 平成23年9月30日(金)
ESFホームページからの電子申請が必要です。 
-  申請書
日中医学交流事業 共同研究・セミナー 平成22年 2月12日(金)
対応する中国側研究代表者が中国医学科学院(CAMS)に所属する研究者である場合は、同代表者もCAMSが定める申請受付期間中にCAMSに申請書を提出することが必要であり、双方で申請が行われない場合には、申請は無効になるので注意してください。
  申請書
多国籍交流事業 国際共同研究事業  
G8 Resarch Councils Initiative
NERCへの予備申請締切平成24年7月20日(金)   申請書 
平成25年度 研究拠点形成事業
(従来の「先端研究拠点事業」「アジア研究教育拠点事業」「アジア・アフリカ学術基盤形成事業」が統合され、新たな事業として実施されます。)
平成24年9月20日(木) 申請書
平成24年度 日中韓フォーサイト事業 平成23年12月20日(火)   申請書
国際学会等派遣事業 第1期 平成21年11月20日(金)
第2期 平成22年3月26日(金)
第3期 平成22年 8月6日(金)
申請書
日欧先端科学セミナー参加者募集 平成23年9月30日(金)
*JSPSならびにESFの両方に申請すること。
  申請書
先端科学(FoS)シンポジウム平成24年度分参加者候補募集 平成24年 3月 2日(金)    申請書
研究者養成のための助成事業 平成25年度採用分海外特別研究員の募集 平成24年 4月 27日(金)   申請書
若手研究者インターナショナル・トレーニング・プログラム(ITP) 平成22年度開始分の本事業の募集を行う予定はありません。
  申請書
若手研究者交流支援事業 第5回HOPEミーティング 平成24年9月6日(木) 申請書 
若手研究者海外派遣(頭脳循環を加速する若手研究者戦略的海外派遣プログラム) 平成24年6月17日(金)  申請書 
若手研究者招聘事業-東アジア首脳会議参加国からの招へい- 平成23年4月27日(水) 申請書
リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業 平成24年 8月17日(金) 申請書
優秀若手研究者海外派遣事業 平成22年度以降の公募は取りやめ

(独)日本学生支援機構(JASSO)

プログラム名(クリックすると外部サイトが開きます) 学内締切 問い合わせ先
平成23年度留学生交流支援制度
(ショートステイ、ショートビジット)三次募集
平成23年10月20日(木)
*応募を希望される場合は、事前にご連絡願います。
学術研究協力部
国際課係長 留学生交流主担当
黒木
(内線 8389)
※鍋島地区からは6+
E-mail: ryugaku@mail.admin.saga-u.ac.jp
帰国外国人留学生短期研究制度 平成24年 1月27日(金) 学術研究協力部
国際課係長国際企画主担当 宮原
(内線 8203)
※鍋島地区からは6+
帰国外国人留学生研究指導事業 平成24年 1月27日(金)
国際大学交流セミナーの募集 平成23年 1月21日(金) 
財団法人中島記念国際交流財団助成による
平成23年度留学生地域交流事業
 
平成23年3月4日(金)
外国政府等奨学金留学生

(独)国際協力機構(JICA)

プログラム名(クリックすると外部サイトが開きます) 学内締切 問い合わせ先
技術協力プロジェクト実施予定案件概要 学術研究協力部
国際課係長国際企画主担当 宮原
(内線 8203)
※鍋島地区からは6+
日系研修事業研究員受入

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO技術開発機構)

プログラム名 学内締切 問い合わせ先
産業技術研究助成事業 次回未定 学術研究協力部
国際課係長国際企画主担当 宮原
(内線 8203)
※鍋島地区からは6+

(独)科学技術振興機構(JST)

JST国際部のその他の募集案内はこちら→http://www.jst.go.jp/inter/index.html
※府庁共通研究開発管理システム(e-Rad)から申請するため、初めてご利用の場合は所定の手続きを要します。
お早めに国際課までご連絡ください。
府庁共通研究開発管理システムについてはこちら→http://www.e-rad.go.jp/

プログラム名 応募締切等 問い合わせ先
平成24年度 日本-ベトナム-タイ研究交流課題募集
*日本側研究者はJSTにe-Radを通じて申請します。
JSTへ直接応募となります。
募集期間:平成24年5月2日(水)~5月31日(木)17:00まで
学術研究協力部
国際課係長国際企画主担当宮原
(内線 8203)
※鍋島地区からは6+
平成24年度日本・カナダ研究交流課題募集
*日本側研究者はJSTにe-Radを通じて申請します。
JSTへ直接応募となります。
募集期間:平成24年5月1日(火)~8月31日(金)14:00まで
平成25年度 地球規模課題対応国際科学技術協力事業 研究提案募集 JSTへ直接応募となります。※所属機関からの承諾が必要です。
応募締切:平成24年11月13日(火)正午
公募説明会:
日時:平成24年10月2日(火)14:00~16:00
会場:東京本部別館 1階ホール(東京千代田区五番町7K's五番町)
 

その他

団体名 プログラム名
(クリックすると外部サイトが開きます)
助成対象 学内締切 問い合わせ先
福岡アジア文化賞委員会 第23回(2012年)及び第24回(2013年)福岡アジア文化賞受賞候補者の推薦について 平成23年9月22日(木) 学術研究協力部
国際課係長国際企画主担当宮原
(内線 8203)
※鍋島地区からは6+学術研究協力部
 
公益財団法人国際科学技術財団 2012年ストックホルム国際青年科学セミナー(SIYSS) 平成24年7月17日(火)   
ドイツ学術交流会 フィリップ・フランツ・フォン・ジーボルト賞 2012年 12月21日(必着)  
財団法人池谷科学技術振興財団 平成23年度研究助成、国際交流等助成 研究助成(研究に直接必要な経費)
国際交流助成(往復航空運賃・滞在費)
平成22年11月22日(月)
公益信託五峯ライフサイエンス国際基金 平成23年度五峯ライフサイエンス国際基金 外国人研究者の招へい 平成22年10月29日(金)
中国人材育成事業実施支援業務団 中国人材育成事業   今年度の募集が出され次第掲示します。
財団法人国際文化交流事業財団(JICEF) 平成24年度人物交流派遣・招聘事業 大学院等学生は含まない
〔派遣・招聘の期間〕
平成24年4月1日から平成25年3月31日迄の間で、原則として1ヶ月以内の期間。
平成23年12月1日(木)
大学共同利用機関法人人間文化研究機構国際日本文化研究センター 平成23年度 国際日本文化研究センター 特別共同利用研究員受入 大学院博士課程(前期2年及び後期3年の課程に区分する博士課程にあっては、後期3年の課程とする)に在籍し、日本文化及びこれに関連する分野を選考する者。 4月受入:1月27日(木)10月受入:7月29日(金)

その他(直接応募:国際課を通さない応募)

※応募される方、助成に採択された方は国際課までお知らせください。

団体名 プログラム名 助成対象 締切 応募先
中華民国(台湾)政府 2012年度「台湾奨助金」 海外に在住する大学及び関連各部の外国籍教授、准教授、助教、博士論文執筆者及び学術機関の同等級別の研究者。ただし、現在すでに台湾で研究、講義、研修に従事している研究者は対象としない。
2012年7月15日 http://taiwanfellowship.ncl
.edu.tw/eng/apply.aspx

から直接申し込むこと。
スイス国立科学財団・国際共同研究支援
インターナショナルショートビジット すべての研究分野が対象となっており、スイス国内の研究者が海外で研究すること、またスイス国外の研究者がスイス国内で研究することを推奨するものです。期間は1週間から3カ月までで、1研究所に1人の研究者派遣という制限があります。 開始2カ月前まで Swiss National Science Foundation
Division, International Cooperation 
Tel: +41-31-308-2222
Email:international@snf.ch
インターナショナル研究ワークショップ すべての研究分野が対象となっており、スイス国内の研究者が海外のパートナーとワークショップを開催することを援助するものです。ワークショップ会期は2~5日間で、最大30人が参加できます。そのうち最大10人の研究者に資金援助が提供されます。ワークショップはスイス国内で開催すること。 締切から4~12カ月後に開催可能:締切2011年10月14日、2012年3月14日、6月20日、10月17日
公益財団法人日本証券奨学財団 研究調査助成および研究出版助成 証券金融経済分野(証券、金融、財務・会計、経営、法律、経済)が対象となる。 平成24年4月25(水)~6月29日(金) 公益財団法人日本証券奨学財団
Email: ac.res.grants@jssf.or.jp
Tel: 03-3664-7113 
社団法人日本工学アカデミー 2011年度日豪若手研究者交流促進事業  下記3分野が対象となる。
1.Health and Technology
2.ICT
3.Nanotechnology and New Materials
平成23年9月30日(金)必着 社団法人日本工学アカデミー事務局
Email:academy@eaj.or.jp Tel:03-5442-0481 
国際連合大学サステイナビリティと平和研究所 途上国における持続的農業のための実習型研究能力育成事業 研修プログラム1つあたり21,200USドルを上限として、オン・ザ・ジョブトレーニングの期間に応じた助成限度額内において助成されます。 2011年10月10日 国際連合大学サステイナビリティ
と平和研究所(UNU-USP)
Email:ojcb@unu.edu
Tel:03-5467-1242
農林水産省 OECD国際共同研究プログラム事業 *研究者がOECD諸国へ短期在外研究を行う際の6ヶ月までの旅費や滞在費の支援(フェローシップ)
*国際ワークショップ開催の際に、招聘する講演者の交通費や宿泊費の支援(国際ワークショップ)
フェローシップ:2012年9月10日 国際ワークショップ:2012年9月10日 OECD国際共同研究プログラムHP(英文)より応募。
http://www.oecd.org/topic/
0,3373,en_2649_33903_1_1_1_1_37401,00.html
国際農林水産業研究センター(JIRCAS) 国際共同研究人材育成推進・支援事業 国際農業研究機関に日本人若手研究者を短期又は中・長期で派遣することにより、国際共同研究を担う人材育成の推進と支援を目的とする。
*短期派遣:満35歳以下 修士課程在学生以上
*中・長期派遣:満40歳以下 博士号取得者
2011年6月10日追加募集:9月7日
JIRCAS 独立行政法人 国際農林水産業研究センター
http://www.jircas.affrc.go.jp/renkei/jinzai_index.html
日米教育委員会 フルブライト米国人招聘講師計画   次回未定 日本フルブライトメモリアル基金
2011年度日本人対象フルブライト奨学金計画
☆学生も応募可
*大学院留学プログラム
*大学院博士論文研究プログラム
*研究員プログラム
平成22年4月1日~5月31日消印有効 日米教育委員会フルブライト交流プログラム
募集要項はこちら↓
http://www.fulbright.jp/grant/index.html
独立行政法人国際交流基金 日米センター
日米共同研究助成対象プロジェクトの募集   未定 国際交流基金日米センター
安部フェローシップ・プログラム個人研究助成公募 社会科学・人文科学 条件あり 毎年9月1日 米国社会科学研究評議会(SSRC)東京事務所
お問合せ
電話 03(5562)3506
e-mail ssrcABE@gol.com
オンライン申請
ドイツ学術交流会   ドイツ文化会館内 ドイツ学術交流会東京事務所
電話(03)3582-5962 FAX(03)3582-5554
e-mail: daad-tokyo@daadjp.com
DAAD奨学金 詳細は各募集要項をご参照ください 〒107-0052
東京都港区赤坂7-5-56、ドイツ文化会館内
財団法人交流協会技術交流部 
日台科学技術交流
若手研究者交流事業
日本人対象事業
長期派遣(院生・個人)
短期グループ派遣(教員と院生・グループ)
科学技術分野
(人文社会科学分野を除く)
平成23年12月25日(必着)
〒106-0032 東京都港区六本木3-16-33-7F
(財)交流協会 
貿易経済部 角田(つのだ)
Tel:03-5573-2600 
内線22  Fax:03-5573-2601 
若手研究者交流事業
台湾人対象事業
主に先端技術(IT分野,生命科学,新素材等)環境・エネルギー,医療・福祉,防災 左記へ要照会 台湾人対象事業に関することは・・
照会先:行政院国家科学委員会
http://www.nsc.gov.tw/   
担当:鄭慧娟副研究員
Tel:(02)27377472 Fax:(02)27377607
E-mail: hccheng1@nsc.gov.tw
共同研究事業 平成21年12月25日(必着) (日本開催のお問合せ)上記交流協会へ
(台湾開催のお問合せ)
行政院國家科学委員会国際合作処
鄭慧娟(Ms. Hui-chuan, CHENG)
Program Director
Department of International Cooperation
NATIONAL SCIENCE COUNCIL
tel:02-2737-7472、fax:02-2737-7607
日台科学技術合同セミナー・シンポジウム事業 (台湾開催の場合)日本国籍所有かつ日本国内在住者 (日本開催平成21年12月25日(必着)(台湾開催)台湾側参加者の代表者と連絡をとり、同代表者から次の機関へ申請書を提出する。(申請期間は本年秋期頃~2011年1月頃まで。)
財団法人交流協会 日台青年交流事業(派遣) 日本の大学院(修士課程)在学中の日本国籍を有する者 35歳以下 環境問題の研究 台湾長期滞在経験ない者 H22年12月25日 送付先:〒106-0032 東京都港区六本木3-16-33 青葉六本木ビル7F
電話:03-5573-2600(内線15)
カナダ大使館  カナダ研究助成金 【応募資格】
学術関係者及び大学院生
助成金により異なる 問合せ:カナダ大使館広報部学術交流係(担当:寺内さん)
電話:03-5412-6305
FAX:03-5412-6287
E-mail: tokyo.lib-bib@international.gc.ca
高円宮記念クィーンズ大学留学奨学金 【応募資格】
日本の大学2年生または3年生に在籍する日本国籍の学生
毎年3月25日 ウェブサイト以外の事項についての問合せ:クイーンズランド大学へ直接お問い合わせください。
入学手続きについて:Tel (613)533-2218 Fax(613)533-6810 Email admission@queensu.ca
奨学金について:Tel (613)533-6409 Fax(613)533-6409 Email awards@queensu.ca
Canon Foundation in Europe 欧州長期特別奨学金 【応募資格】
・全学術分野における修士号、博士号資格者
・ヨーロッパまたは日本における永久市民権を保有している必要がある。 
毎年9月15日※連絡・申込は全て英語で

Canon Foundation in Europe
P. O. Box 2262
1180 EG Amstelveen
The Netherlands
Tel. +31 20 545 8934
Fax. +31 20 712 8934
E-mail: foundation@canon-europe.com

財団法人平和中島財団 国際学術共同研究助成募集 本学と海外大学研究機関との共同研究グループ  2012年 9月 1日~10月31日(当日消印有効) 左側リンクより募集要項と申込書をダウンロードしてください。
※採用決定者は必ず国際課係長国際企画主担当 まで連絡してください。
アジア地域重点学術研究助成募集 本学とアジア地域の大学・研究機関との共同研究グループ
外国人研究者等招致助成募集 本学の常勤研究者
財団法人中島記念国際交流財団 日本人海外留学奨学生募集 ☆学生対象
30才以下(25年4月1日現在)修士号・博士号取得目的
平成24年9月10日~10月10日 左側リンクより募集要項と申込書をダウンロードしてください。
※採用決定者は必ず国際課係長留学生交流主担当まで連絡してください。
日本人若手研究者研究助成金募集 37才以下(25年4月1日現在) 左側リンクより募集要項と申込書をダウンロードしてください。
※採用決定者は必ず国際課国際交流主担当まで連絡してください。
財団法人九州産業技術センター 平成23年度人材育成助成基金
長期国外・国内留学助成 九州地域の大学及び工業高等専門学校の工学系、特に電力、エネルギー関係分野を専攻する教員及び博士課程の学生 毎年8月~10月 【申込書・推薦書の提出先】
〒812-0013
  福岡市博多区博多駅東二丁目13番24号
(財)九州産業技術センター人材育成助成基金担当技術振興部大久保

TEL:092-411-7394
E-mail ookubo@kitec.or.jp
※採用決定者は必ず国際課係長国際企画主担当 まで連絡してください。
要項,申込書,推薦書のDL↓
九州産業技術センターHP
短期国外留学助成 九州地域の大学及び工業高等専門学校の工学系、特に電力、エネルギー関係分野を専攻する教員及び博士課程の学生
平成22年度後期国際研究集会参加助成 九州地域の大学及び工業高等専門学校の工学系、特に電力、エネルギー関係分野を専攻する教員及び博士課程の学生 平成23年6月3日(金)
財団法人福岡アジア都市研究所 平成24年度福岡アジア都市研究所
「若手研究者研究活動奨励募集」
アジア地域の国籍等を有し、次のいずれかに該当する平成23年3月31日現在で満40才未満の方のうち、福岡市の市税に係る徴収金に滞納がない方とします。
 .福岡、佐賀、長崎、大分県内(以下「域内」と表示)の大学又は短期大学に所属する助教、講師又は准教授
 .域内の大学の大学院博士課程(修士課程に相当する課程は除きます)に在学する大学院生又はこれに相当す る方
  .域内の大学その他の調査研究機関で研究に従事する日本学術振興会の特別研究員
平成24年6月15日(金)17:00必着 【申請用紙請求・お問合せ先】

  〒810-0001

福岡市中央区天神1丁目10-1
福岡市役所北別館6階

財団法人福岡アジア都市研究所担当:益田

TEL(092)733-5686
FAX(092)733-5680

www.urc.or.jp
内閣府 
日本学術会議
平成26(2014)年度開催国際会議における共同主催の募集 共同主催用件:
1.国際学術団体(母体団体)が国際会議の日本開催を決定したものであること。2.開催全般に対し、国際学術団体(母体団体)から十分な協力を得られること。 3.国際会議の準備・運営を行うための委員会(組織委員会、運営委員会等)が、国際会議に対応する学術研究団体に設置され、すでに計画及び準備をすすめていること。 4.国際会議の構成、計画、予算、主要題目(テーマ)等が、学術的に日本学術会議が共同主催するにふさわしいと認められるものであること。 5.国外からの参加が10カ国・50名以上となることが明らかであること。 6.世界的に十分な実績を有する国内外の代表的科学者の参加が予定されていること。 7.国際会議の研究分野を用いた一般市民向け(市民参加型)の公開講座等のプログラムを予定し、学術・科学技術における社会への還元について取り組むものであること。 
平成23年10月3日(月)~11月30日(水)(期限厳守・必着) 募集要項の入手・問い合わせ先
〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34日本学術会議事務局参事官(国際業務担当)付国際会議担当  
TEL: 03-3403-5731 FAX:03-3403-1755
Email: i254@scj.go.jp
HP: http://www.scj.go.jp/ja/int/kaisai/entry.html 

国際交流基金(ジャパン・ファウンデーション)  

公式ホームページhttp://www.jpf.go.jp/j/

平成22年度公募プログラム

・・・その他の事業(舞台芸術・映像出版),募集の詳細については、国際交流基金ホームページ掲載の冊子
『平成22年度公募プログラム ガイドライン』
をダウンロードしてご確認ください。
ガイドラインの8~9ページに一覧があります。
提出は研究者個人、もしくは研究グループ単位となり、大学の応募として国際課が申し込みを取りまとめることは行いませんので、あらかじめご了承ください。

Page Top